腎臓病対策

腎臓病の食事療法は、タンパク質と塩分、カリウムやリンなどを控えなければなりません。しかし、それらを食べないようにするだけでは、栄養失調になってしまいますから、ほかの栄養素で体を維持するように工夫しなければならないわけです。

食事は1日に3回も休みなく食べるもの。この食事内容を維持し続けるのは並大抵のことではないでしょう。体調を維持するためとはいえ、毎日同じものを食べ続けるのは、苦痛以外の何ものでもありませんね。

本人も家族もストレスを感じず、毎食飽きずに食事を楽しむためには、腎臓病用の特殊食品や食事サービスを利用するのも良い方法だと思います。

最近では、減塩調味料やタンパク質の量を極端に減らしたパンやご飯、レトルトのおかずなどが充実していますし、低カリウムの生鮮野菜や果物なども販売されています。

そしてさらに、腎臓病の方が安心して食べられる食事を、自宅まで宅配する当店のサービスをご利用ください。

タンパク質の量やエネルギーを考えた様々なメニュー1食分がセットになっていて、温めるだけで食べられますし、バラエティ豊富な日替わりメニューになります。