ホーム 〉お弁当の由来

お弁当の由来

弁当の語源と由来
中国南宋時代の俗語に「便当もしくは便當(べんとう)」という言葉があったのだそうです。意味は「好都合」「便利なこと」など。
この「便当」が日本に入り、「便道」「弁道」」「辨道」などの漢字があてられた。
その中でも意味が通るように、「弁えて(そなえて)用に当てる」ことから「弁当」「辨當」の字が当てられ、弁当箱、辨當箱などの用法で使われだしたと考えられているようです。
「飯桶(めしおけ)」を意味する「面桶(めんつう)」を漢読みした「めんとう」からきたとする説も存在するそうですが、歴史的仮名遣いでは「べんたう」なので信憑性は低いようです。
容器として歴史に登場するのは桃山時代からで、弁当という言葉としては鎌倉時代に存在したようです。
その前は器をいくつかに割ることから「破子・破籠(わりご)」と呼ばれていたようです。
他にも、平安時代には「頓食(とんじき)」と呼ばれたおにぎりや、「干し飯(ほしいい)」または「糒(ほしいい)」と呼ばれる調理済みの乾燥米が携帯用の食料としてあったようです。

世界の中でも、日本では古くから弁当の習慣があるようです。
この秘密はお米にあるようです。米は腹持ちがいい上、その形状を変えて持ち運び(おにぎり)ができます。
中に梅干をいれれば痛むこともなく、他の具をいれることでちょっとした楽しみにすることもできます。
また日本で一般的に食べられているジャポニカ米がインディカ米などと比べ、炊いた後冷めてしまってからでもおいしいという特徴を持つこともそれを後押ししたことでしょう。
アメリカのお弁当はきっとサンドイッチでそれはやはりラップの登場からである。と・・思いたい(笑
でもバスケットがあったか。
そんな日本の文化であることを象徴するかのように、英語では「bento」ベントウという単語が存在するそうです。

高齢者向け宅配弁当「配食のふれ愛」葛飾店

住所 : 東京都葛飾区鎌倉4-40-2ハイムイースト101

配達地域 : 葛飾区 (一部を除く)

© 「配食のふれ愛」葛飾店

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now